ブログの下書き用にBear というアプリを導入することにした

Bear というアプリを導入

f:id:niisimaaiko:20200207222640j:plain

Evernoteを断捨離した

ブログの下書き用やアイパスメモとTODOリスト用に今までEvernoteというソフトを使ってたんだけど、ちょっとお高い気がしたので、Appleユーザー的にアイパスのメモやTODOリストは無料のapple純正アプリのメモで事足りることがわかり、Evernoteは断捨離することにしたんですよ。だがしかし。

夫の浜田氏にはそもそもブログの下書きツールなんかいらねえよって言われてしばらくは直接書いてたんだけど、なんか私にはしっくりこなくて。

やっぱり下書きを書けるツールが欲しい。。。

んで、ブログの下書きにはもっといいのがねえかなって色々試した結果、 MAC&IPADユーザーならBEARというアプリがいいよってどっかのブログに書いてあったので、使ってみたわけです。マークダウン方式が使えるってことだったんだけど、はてな記述とは違うようで、下書き書いたままマークアップが反映されることができなかったです。見出し設定などを下書きの段階でできるといいなと思ったのですが。しかしHTMLを書き出す機能があるらしいのですが、HTMLに書き出すには有料版にするしかないらしく、MACとIPADで連携させるのも有料にするしかないということだったけど、BEARのサブスク料金が結構安いのです。1ヶ月プランだと150円だし、年払いだと1500円で、1ヶ月の無料期間もついてくるのです。ま、お試しってことでやってみようと思って、今日はお試し投稿なのです。うまくいかないようなら、1ヶ月以内に止めればいいようなので、お手軽な気持ちです。

ブログ用にBEARを導入したけどブログがいつまで続くかわからんのだけどね!

仮に使い勝手がいいからと言って、サボり気味になってるブログが続くかはわからんちんです。元々儲かってたブログでもないので、Googleさんに個人ブログは検索上位に上げない仕様にされたところで、アクセス数が確かに減ったけど、生活に差し障るわけでもなし、アクセス数は割とどうでもよろしいのですが、私は今結構幸せなので、特別書きたい欲求があるわけでもないのですよね。とは言え、いつ何かが起こって不満をぶちまけたくなるかもわからんので、このブログは消さずに残しておこうという算段です。しかし独自ドメインにしてはてなPROのままにしておく必要性は感じなくなってますねえ。だって、そろそろPRO代をアドセンスの収益でペイできないくらいに収益が下がってますしね?夫のようにいつはてなを追い出されるかもわからんので、独自ドメイン手放すのも考えものだから一旦そのままで行くとは思いますけど。

本当はブログに書きたかったことは色々あるんだけどね!

例えば、

  • アパートのバイク置いてる場所の出入り口に知らん人がバイクを止めていて出れなくて困って夫に知らぬ人のバイクを退けさせたこと
  • 仕事でGITだのSourceTreeだのRUBYだのプログラマーが使うようなツールを使わざるをえなくなって、苦労して覚えた(触り程度だが)ので、おうちのパソコンに入れて夫のパソコンにもいれさせて教えてドヤッとしたこと
  • ドラゴンクエストビルダーズのビルダーペンシルを有効に使うためにNINTENDOオンライン導入を真剣に悩んでいること
  • 親友だと思っていた人がうつ病かなんかで連絡が取れなくなりどうしらいいのかわからんので、とりあえず向こうから連絡が来るまで待とうと思っているけど、このまま付き合いが途絶えることも覚悟しているということ

最後のやつ。自分も寛解してるとは言え統合失調症だから精神病には理解のあるつもりだけど、鬱病真っ盛りの人にはどう接していいのかはよくわからん。元気になるのを待つしかないのかなってなる。

箇条書きにしちゃったけど、4本はブログネタがあったんだなあ。

ま、書きたいように書くさー!!

ではまったねー!

BRARでHTMLを書き出して貼り付けたので感想を共有したおこう

はてなの大見出しがh3なので、書き出して、そのまんま使えるってわけじゃなかったです。

まあ、下書きのうちからどれを見出しにするか決めて置けるのはいいよねってくらいだね。ただ、MACのテキストエディットってソースで表示されないのですね!?結局Dremeweverを起動してしまって大袈裟な感じがしたのでもっと手軽に使えるエディタを導入しようかなと思った。IMACははてなブログで直接書くとなぜか見出しが標準にしたい文章まで見出しにしやがったりして書きにくいのでBEARの方が書きやすいではあるね。Windowsはそういう現象自体がなかった気もするけど(^^;

コメント

  1. 赤羽卓也 より:

    浜田と離婚すべき

タイトルとURLをコピーしました