姉と猫と謎の汚い袋

f:id:niisimaaiko:20180115221512j:plain

f:id:niisimaaiko:20180115221535j:plain

姉の高校生のころの話です。本当は大人になってから、姉が私にこの話をしてくれました。

父は不器用なので、プレゼントをするとき、何も言わず、そっと人の机に置いていくのです。ひとこと言えば、お礼も言いやすいし、勘違いすることもないのにね。

クリスタの新しいペン、リアルGペンがくっそ使いにくかったでござる。リアル鉛筆はいい感じなのにね。描き直せばいいのに、そのままあげる私だ。ぐああああ。

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました