OculusQust2用メガネを作っておじさん技術者の大事さを痛感する

VRにハマって、VR用のメガネをつくったよ

VRにハマってます。Oculus qest 2最高です。
問題があるとすれば、ちょっと上下の動きの激しいゲームしたりすると酔うことと、メガネ問題がありました。Oculus qest2の純正のメガネ用の拡張フレームは薄すぎてあまり役には立ちません。うちの夫はごついメガネをしてるので、早々に脱落しました。私は薄いメガネで遊んでいましたが、やっぱり思うことは、メガネなしで遊びたい、でした。

Oculus qest2はスタンドアロン型のPCいらずのVR機器なのですが、37000円です。他のゲーミングPCに接続しないと使えないタイプのVR機器よりもずっと安い。そのためか、細かいところでチープはつくりのところがあり、サードパーティー制のヘッドバンドアクセサリーや、ストラップアクセサリーを購入するついでに、磁石で取り換えも可能なタイプのメガネレンズフレームを通販で購入しました。

送料&税込みで2077円とめっちゃ安かったのですが、問題はこのフレームにレンズを入れてくれるメガネ屋探しでした。AMAZONの口コミを見ると、JINSでやってくれる店舗もあればやってくれない店舗もあって、ヘッドセット持ち込んで直接確認するしかないということでした。このフレームにはまるレンズの通販もありましたが、やってくれる店舗があれば、メガネ屋さんで頼みたいと思い、メガネ屋巡りが始まりました。

結果だけいうと、うちの家の近くのJINSではお断りされました。OWNDAYSもダメでした。フレーム持ち込み可で検索かけて、出てきたツートップはダメだったので、超がっかりしながら、昔からメガネを作ってもらっている東江メガネに行きました。若い姉ちゃんが接客しているJINSやOWNDAYSとは違い、店番しているのはおっちゃんであり、昭和の匂いがするお店です。ダメ元でこのフレームでメガネを作ってくれないかお願いしてみたところ、
「このフレームにレンズは入れることはできるけど、目の位置とか合わせられるかなあ?」
というのです。ヘッドセットを見せて、レンズとレンズの距離を測ってもらって、作ってもらうことに。最安のレンズだと7000円で作ってくれるそうですが、せっかくなので、薄型レンズでブルーライトカットにして、1万円で作ってもらいました。ブルーライトカット入れたので、後日取りにいくことになるかと思いきや、1時間後に取りにきてくださいと、なんとなんと当日受け取りできました!!

結果、すごく快適にVRゲームしてます。ゲーム画面が美しいです。ああ、幸せっ!!

おじさん技術者は大事なんだな。

今回のことで思ったんですが、おじさんの技術者を大事にするべきだよなあってことです。
おそらく、JINSやOWNDAYSとかは、若い姉ちゃんでもメガネを作れるようなマニュアルだのシステムとかを作っていて、安い値段でメガネを作れるんだと思うんです。でも、そのようなシステムだと、応用が利かず、いつもと違うフレームだと対応できないのです。

もちろん、AMAZONの口コミにあるように、作ってくれるJINSショップもあったようなので、店員さん次第なんだろうなーとは思いますし、店舗や店員さんによっては東江メガネさんでもお断りされることもあるかもですが、今回のことで、昭和の匂いのする東江メガネさんをご贔屓しようと思いました。日常用のメガネも壊れたら、次も東江メガネさん使おうと思います。


おじさん技術者を大切に!VRはとても楽しいので、みんなもやるのだ!
というわけでまったねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました