ラブレター

君が気付くことはあるだろうか?
あのとき上げたエントリーは君に向けて書いたラブレター。

君に届け、
君に刺され、
と書いたラブレター。

嘘とホントを混ぜて、
創作めかして書いたズルいラブレター。

好きだなんて二度と言わない。
言っても届きそうにないし、
軽く聞こえるだけみたいだし、
まあ、正直、最初は軽い気持ちで言ったんだ。

自信無くして迷走してるようだったから、
少しでも元気出して欲しくて。

二度目はわざと冗談に見えるようにしたんだ。
怖いって思われたくないし。

だけど、もう言わない。

 

声が聞きたい
一目会いたい
自分のそんな気持ちが怖くてたまらない。

 

私はズルいから、
自分の気持ちに保険をかけて、
それが大人なんだって言い聞かせる。

 

まだ引き返せるよ。
どうしたい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました